スマホ版

屋上塔屋防水工事

0

     

     

     

    今日は、屋上塔屋防水工事についてご紹介いたします。

     

     

     

    まず、塔屋とは、ビルやマンションの屋上で上に突き出した部分のことを言います。

    今回は塔屋部分の防水工事になります。

     

     

    まず初めに、既存の塗膜防水を撤去していきます。

    つぎに写真のドレン廻りを斫ります。

    ドレンとは、「ルーフドレン」のことで陸屋根の屋上防水の一番水下部分に、
    黒い「鉄製鋳物」で出来ている、格子状のカバーが付いている雨集水口の部分になります。

     

     

    そして、改修ドレンを新設します。↓

     

     

    次に、土間を平らにしていきます。

    それて左官補修を行います。

     

     

    次に、塗膜防水を行います。

    補強布をしてから塗装していきます。

    そうすることでより強度が増します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    完成!!

     

    これで雨漏りの心配もありません。

    いかがだったでしょうか。

    防水塗装は10年〜15年ほど効果があるといわれています。

    (※建物の状況によって効果年数が短くなることがあります。)

    以前防水塗装してから年月が経った方や

    雨漏りでお困りでしたらぜひヤサカまでお申し付けください♪


    植栽工事

    0

       

       

       

      今日は植栽工事についてご紹介します。

       

      植栽工事とは敷地内の外構スペースに草木を植える工事のことです。

       

       

      こちらはサツキです。↓

      サツキは耐寒性もあり、丈夫で育てやすいです。

      サツキはその名の通り5月ごろに一斉に咲き始めます。

      今回は260本植えていきます。

       

      このように等間隔に植えていきます。

       

       

       

      そしてその間にハナミズキを植えていきます。

      ハナミズキは若木のときは枝が細く強い風が吹くと

      折れてしまう為支柱を添えます。↓

      ハナミズキも耐寒性がありとても丈夫な木です。ハナミズキは4本植えました。

      高木と低木を交互に植えることでとてもきれいに見えます。

       

       

      そしてこちらは、ヘデラヘリックスという植物です。

      ヘデラヘリックスは木や岩などを伝って成長する植物です。

      そのため、写真↑のように添え木(竹)をしてから植えます。

      8月〜9月ごろには花も咲かせてくれます。

       

       

       

      花壇が見違えるほどキレイになり癒し空間になりました。

       

       

       

       

      いかがだったでしょうか。

      学校や会社、街の花壇など草木や花があるだけで

      その場がパッと明るくなり、見ているだけで癒されます。

       

      草木や花の植栽をお考えの方はぜひヤサカにお申し付けください。

       


      土間コンクリート補修工事

      0

         

         

        今日は土間コンクリート補修工事についてご紹介します。

         

        お店の前の土間コンクリートを補修しました。

         

         

         

        まず、既存のアスファルトのハツリ工事を行います。↓

         

         

        次に、土間モルタル打設工事を行います。

         

         

        会所桝を新しいものと交換します。

        会所桝とは、雨水や排水などが流れる合流地点で、2本以上の排水管をまとめ合流させるもののことを指します。

         

         

        最後に写真にある刷毛を使ってキレイに仕上げます。

         

         

        キレイに仕上がりました!

         

         

        いかがだったでしょうか。

        土間コンクリートの補修をお考えの方はぜひヤサカにお申し付けください。


        ドアクローザー交換工事

        0

           

           

          今日はドアクローザーの交換工事をご紹介します。

           

           

          ドアクローザーとは、ドアチェックとも呼ばれ

          玄関ドアや室内ドアの上部に取り付け、閉扉時の「バタン」という音の発生を防いだり、
          開扉状態で固定したりといった機能をドアに持たせるための装置です。
          ドアクローザーには、スタンダード型・パラレル型があります。
          今回はパラレル型のドアクローザーを設置しました。
          パラレル型は押す側のドア面に設置するタイプです。
          ドアを締めたときにドアクローザーのアームはドアと平行の状態になるので、
          外開きのドアが多い日本の住居ではパラレル型が主流です。
          また、ドアを180度開閉したい場合、パラレル型が適しています。
          さび付いたドアクローザー↑
          ギーギーという音がします。。。
          閉まるときもバタンと閉まってしまいます。これを新しいドアクローザーと交換します。
          キレイになりました。
          サビつきもなくなり、ギーギーいうこともありません。
          また、ドアがゆっくりと静かに閉まるようになりました。
          いかがだったでしょうか?
          ドアクローザーさび付いたり、バタンと閉まったりしていませんか?
          ドアクローザーでお困りの際はぜひヤサカまでお申し付けください。

          ベランダハトよけネット張り工事

          0

             

             

             

            今日はベランダのハトよけネット張り工事をご紹介します。

             

             

            皆さんベランダによって来るハトにお困りではないですか?

            ハトは平和の象徴とされています。

            公園などで見かけるくらいなら平和だなーで終わりますが、

            自分の家のベランダにまで出没されては迷惑ですよね?

            ましてやフンまでされてしまっては本当に困ります。

            そんな時はネットを張ってハトを寄せ付けないようにしましょう!!

             

            ネットを張るといってもなかなか自分ではうまく張れません。

            そんなときは、ぜひヤサカまでお申し付けください。

            高いところの作業でも心配ありません。

             

             

             

             

            こんなにキレイに張ることができました♪

            これでハトもびっくりして寄ってこなくなることでしょう!

             

             

             

            いかがだったでしょうか?

            ハトにお困りでしたらぜひヤサカまでお申し付けください。


            駐車場バリカー取替工事

            0

               

               

              今日は駐車場のバリカーの取替工事をご紹介します。

               

              バリカーとは、車止めの意味でよく使われていますが、

              車が侵入してはいけない場所への侵入を防ぐため、

              車に止まってもらうことを警告し、促すための設備の意味で用いられています。

               

              まずは、既存のポールを取り外し、土間をハツリ、堀削を行います。(今回深さは250个任后)

               

               

               

              そこへバリカーを取り付けます。

              そして左官工事をします。

              最後にプラスチックのチェーンをつけて完成です。

               

               

               

               

              ポールとは違い堀削を行い中に埋めて固定しているのでとても丈夫です。

              倒される心配もなさそうです。

              また、黄色なのでよく目立ちます!!

              進入禁止という役割をきっちり果たしてくれそうですね♪

               

               

              いかがだったでしょうか?

              駐車場にバリカー設置をお考えの方はぜひヤサカまでお申し付けください。

               


              玄関ポーチタイル張替工事

              0

                 

                 

                 

                今日は玄関のポーチタイルの張替工事をご紹介します。

                 

                 

                そもそも玄関ポーチとは、一般的には玄関先の壁から庇が出ている下の部分を指します。

                 

                 

                 

                まずは既存のタイルを撤去して捨てコンの打設を行います。

                 

                 

                 

                 

                 

                モルタルで下地の調整を行います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そこへ、タイルを貼っていきます。

                今回は、300角タイルを使っていきます。

                300角タイルとは、サイズが30个寮喫形のタイルのことです。

                 

                 

                目地を詰めます。

                 

                乾くとこんな感じです。↓

                 

                 

                とってもきれいになりました♪

                玄関先は特に人目につく場所なのでキレイになるとお家の印象もガラリと変わります。

                ついお客さんを招きたくなるような玄関になりましたね☆

                 

                いかがだったでしょうか?

                タイルの張替をお考えの方はぜひヤサカまでお申し付けください。

                 

                 


                身近な工事

                0

                   

                  お久しぶりです。更新が滞ってしまっていました。すみません。。。

                  2018年もヤサカの工事の様子を沢山記事にしていきたいと思います。

                   

                   

                  今日は前回の鉄骨工事の続きではなく、

                  身近な工事の様子をご紹介させていただきます。

                   

                   

                   

                  まずはじめに換気扇交換です。

                   

                   

                  こちらの換気扇を・・・↓

                   

                   

                  こちらの新しいものと交換しました。↓

                  色も白なのでとても清潔感があります。

                  簡単に取り外せるのでお掃除もしやすくなりました。

                   

                   

                   

                   

                  次に蛍光灯の交換工事です。

                   

                   

                  こちらの蛍光灯を・・・↓

                   

                   

                   

                  こちらの新しいものと交換しました。↓

                   

                  LEDになり、省エネで経済的なりました。

                  見た目もすっきりしています。

                   

                   

                   

                  次にIHの交換工事です。

                   

                   

                  こちらの電気コンロを・・・↓

                   

                   

                  こちらのIHクッキングヒーターと交換しました。↓

                  IHになり使い勝手がよくなりました。

                   

                   

                   

                  いかがだったでしょうか?

                   

                  交換することで使い勝手もよくなったり、オシャレになったり、電気代の節約などになったりもします。

                  お家の中で古くなったものありませんか?

                  お困りごとございましたらお気軽にヤサカまでお申し付けください。


                  鉄骨屋根工事

                  0

                     

                     

                     

                     

                    今日も前回に引き続き鉄骨屋根工事をご紹介します。

                    今日は、鉄骨を搬入するところからご紹介します。

                     

                     

                     

                     

                     

                    搬入が終わると次に、建方と言って鉄骨を組み立てる作業を行います。

                    鉄骨建方は“下回り“(地走り)と“取り付け“の2つのグループに分かれて作業します。

                    下回り(地走り)の主な作業は地上で鉄骨を吊るための段取り、

                    取り付けは地上から上がってきた鉄骨を高所にて収める作業が主となります。

                     

                     

                    まずは、下回り(地走り)の作業です。

                    下回りの作業のメインは「玉掛」です。

                    玉掛とは、クレーンなどで吊り上げるために鉄骨をワイヤーにかける作業のことです。

                    一見簡単そうに思えますが、実は鉄骨建方で最も危険で難しい作業と言われています。

                    鉄骨の大きさや形によって吊り方や吊った後の鉄骨の角度にまで気を配らなければなりません。

                    まさに職人のみがなせる業なのです。

                     

                     

                    次に鉄骨の梁(取り付け)作業です。

                    鉄骨はボルトによって結合されます。

                    まず柱を建ててそのあと柱と柱の間を梁でつないでいきます。

                    それを繰り返していきます。

                     

                     

                    建方と一言で言っても非常に奥が深いですね!

                    次回は胴縁を取り付けるところからご紹介します。

                     

                     

                     

                    次回もお楽しみに!!!


                    鉄骨屋根工事

                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                      今日も鉄骨屋根工事をご紹介します。

                      今日は前回の続きでアンカーセットからご紹介します。

                       

                      まずアンカーとは、コンクリートに埋め込み、部材や製品を支えるボルトなどの役割の意味します。

                      鉄骨構造の建物の上部は、アンカーを通して基礎と緊結されます。
                      まず、アンカーを正確に固定して、鉄筋工事へと入ります。
                      アンカーを正確に固定するための固定金具を作り、セットします。

                      それをアンカーセットといいます。

                      ↑前回墨出しを終えたところにアンカーセットを行います。

                       

                       

                       

                       

                      次に、鉄筋アンカーボルトの周りに鉄筋を組みます。

                       

                       

                      次にまたその周りを型枠で固定します。

                       

                       

                       

                      次にそこへコンクリートを流して固めていきます。

                       

                       

                      今日はここまでのご紹介です。

                      次回は鉄骨を組み立てるところからご紹介します。

                       

                      次回もお楽しみに!!

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:45 最後に更新した日:2020/02/25

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode